ゴルフグリップの重要性②

こんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

前回はグリップの握り方の種類についてご紹介しました。今回はゴルフグリップを握る向き、応用編についてお話していきたいと思います。

グリップを握る向き


自分に合ったグリップをする事は大事ですが、もっと大事になるのは握る向きです。そこで皆さんに大きく分けて3種類の握る向きについてご紹介したいと思います。

①ウィークグリップ

左手の甲が目標方向に向く(グリップの真上に親指が来るまたはグリップの左側に親指が来る状態)。右手は左手の上からかぶせるようにして握ります。ウィークグリップはフェースが開きやすく、どちらかというとフェードやスライスボールが打ちやすいです。フックボールが出にくいので、球がつかまりすぎる方、パワーヒッターの方におススメです。

 

 

 

②スクエアグリップ

左手の甲が少し斜め上を向く(グリップの少し右側に親指が来る状態)。右手はグラブの横から握ります。両手の親指と人差し指の間のV字線が自分の右耳と右肩の間を指している状態。もっとも基本的な握り方で、ストレートボールはもちろん様々なボールを打ちやすいグリップです。また正しいスイングフォームが身に付きやすいグリップとも言われているので、これからゴルフを始められる方には特におススメです。

 

 

 

 

③ストロンググリップ

左手の甲が体の正面(グリップの右側に親指が来る状態)。右手は下から握るようにします。両手の親指と人差し指のV字線が右肩を指している状態。最初からクラブフェースが閉じる状態を作りやすいグリップです。スライスボール飛ばない方、ロフトが立ちやすいので、低弾道になるので、弾道が高すぎて距離が出ない方におススメです。

 

 

 

以上が3種類の基本的なグリップを握る向きになります。前回ご紹介した、ゴルフグリップの握り方と合わせてご自身に一番合うものを探していただきたいと思います。正しく握れていれば、余計な力が入りにくくなるので、スイングフォームも良くなってきますし、弾道の曲がり幅も軽減される可能性も大きく上がります。

2回にわたってグリップの基本編をお伝えしました。次回はグリップの応用編をご紹介していきたいと思います。

バンブーシュート沼田でした。

 

ゴルフグリップの重要性①

こんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

皆さん突然ですが、ゴルフグリップをどれだけ重要視しているでしょうか。プレーヤーとクラブを繋ぐ唯一の接点であるグリップ。プレーに与える影響は多大と言えます。しかしアマチュアのほとんどの方が正しいグリップが出来ていません。

今日はそんなグリップに握り方の種類についてご紹介していきたいと思います。

グリップの握り方の種類


さて皆さんはグリップの種類は何種類あるかご存知でしょうか?

大きく分けて3種類の握り方がありますので、1つずつ紹介していきたいと思います。

①オーバーラッピンググリップ

多くの方がこの握り方をされていると思います。右手の小指と左手の人差し指の上に被せるグリップです。右手が強く、左手主導でスイングしたい方にオススメです。

②インターロッキンググリップ

左手の人差し指と中指の間に、右手の小指を絡ませます。両手の一体感が1番出るグリップです。特に女性やジュニアの方にオススメです。タイガーウッズ選手がこのグリップを採用しています。その影響か最近はこのグリップをする方がプロ、アマチュア問わず多くなっています。

 

 

 

 

③テンフィンガーグリップ

このグリップは両手を重ねることなく、10ほんの指全てで握ります。しっかり両手の力を余すことなく使う事ができるので、スライスして飛ばない方、シニアの方、初心者の方にオススメのグリップです。

この様にご自身の傾向に合わせて、1番いいグリップの握り方をする事はとても大事です。プレーにも影響しますし、1番重要なスイングの動きにも大きく影響してくるので、皆さんもご自身に合うグリップの握り方を見つけるだけでも、スコアアップする可能性がグッと上がります。

もし試されてもうまくいかないという方がいらっしゃいましたら、私の所まで御相談に来ていただければと思います。笑

 

次回はグリップを握る向き、応用編についてお話ししていきたいと思います。

バンブーシュート沼田でした。