2019年クォリファイングトーナメント

皆さんこんにちは

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

先日行われた、LPGAツアーのクォリファイトーナメントの私が注目している選手などをご紹介したいと思います。

そもそもクォリファイングトーナメントとは?


クォリファイングトーナメントとは、翌年度のLPGAツアーおよびLPGAステップ・アップ・ツアーの出場資格を決定するためのトーナメント。LPGAツアーにおける第1回目のリランキングまでは、クォリファイングトーナメントの順位により出場資格が決定するものです。

そしてファイナルQTは4日間行われます。ここに出場している選手は30位前後までの順位に入れば、2020年のLPGツアーの前半戦に出場する権利が与えられます。

また圏外の選手も下部ツアーであるステップアップツアーに出場することが出来ます。来年の職場をかけた熾烈な争いになるので、普段ツアーで観るような華やかな現場ではなく、選手全員が必死になって権利を取りに行きます。

一般の観客も入る事が許されず、関係者だけが会場に入る事が許されます。私も過去に1回だけファイナルQTのキャディをやらせていただきましたが、とても緊張感があり、普段のプレーはもちろん、正常な精神状態ではゴルフが出来ません。

こうした状況下の中で最善のプレーをしなくてはならないので、キャディの方も精神的に参ってしまい、終わった後はグッタリです。

その中で上位に入り、来年活躍しそうな選手を数人紹介したいと思います。

出場権を得た注目選手


 

 

 

 

1番の注目選手は安田祐香選手です。アマチュア時代からツアーに出場し、何度も優勝争いをしていますし、今年のプロテストはしっかり合格し、QTでもしっかりと2位に入りました。

彼女の長所はなんといってもアイアンショットです。非常にスイングもしっかりしており、持ち球はドローボールですが、しっかりグリーンにも止めていきます。これはしっかりとボールをヒットし、スピンをかけているからこそ成せる技です。

また精神的にも非常にタフで少々ミスをしても表情に一切出しません。喜怒哀楽が非常に少なく、淡々とプレーを行なっている姿はいつでも優勝出来そうな感じが漂っています。

 

注目しているもう1名の選手

 

 

 

 

 

吉川桃選手です。今年はステップアップツアーが主戦場だった彼女ですが、開幕戦でいきなり優勝。

その後も調子の波はありましたが、しっかりとQTでも34位に入り、来年の前半戦を獲得しました。

彼女はドライバーショットと100ヤード以内のショットの定評が高い選手です。ショットメーカーでスイングも安定感があり、軸をずらさず打っていくのでミート率が高いです。今は飛距離アップを図っている最中の様で230ヤード程だった飛距離が10ヤード程伸びているとの事で、これならLPGAツアーでも十分活躍できる飛距離があると思います。

この様に注目選手は非常に多いです。皆さんもご自身の注目選手を探してみてはいかがでしょうか?ツアー観戦もオススメですよ。

 

バンブーシュート 沼田でした。

 

 

 

プロキャディのお仕事④

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今回は練習ラウンドはどのように行っているかをお話ししていきたいと思います。

練習ラウンドの組み合わせ


練習ラウンドにも組み合わせ表があります。ほとんどの場合は予め、予約してく必要があります。試合によっては予約しておかないと当日練習ラウンドできないような事もあるので、選手は注意して行います。

また予め取った時間を当日に変更する事は出来ます。1人で回りたい時などは当日に空きのある所に入れ直したりもします。

 

 

 

 

 

 

 

その後に練習場へ行き、ウォーミングアップを行います。芝の感じや練習場のボールなどもチェックしながら行います。また練習グリーンでもチェックしながらなので1時間ぐらいは使います。

そしていよいよ練習ラウンド開始です。

まずはティーグラウンドに立ち、狙い所また使用する番手を決めていきます。事前に調べた狙いを選手に伝えます。選手も同意すればそこで決定です。選手がそこだと狙いづらい等があれば2人で改めて狙いを決めます。

決めた狙いどころにティショットを打ち、納得いかない場合はもう1球打つ場合もあります。そしてセカンド位置に向かいます。その時にラフの状況や外していい所、外すとトラブルになる所等を会話し、話し合っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてセカンドショットですが、過去に使用したピンポジションを仮定してその場所に何球か打っていきます。そしてショットした際グリーンが柔らかく止まる場合、硬く止まらない場合などを見極めていき、試合中もその時のショットを参考にして行きます。

グリーン近くまで行ったら次はアプローチです。ここでも仮想カップに向かってアプローチをしていきます。ここでも外しても寄せやすい所、外したら寄せられない所をチェックします。

チェックし終わったらグリーンのチェックです。ヤーデージブックの傾斜表を見ながら実際はどのように転がるか、またグリーンの速さはどうかをチェックします。芝も生き物なので、傾斜表通りに転がらない場合もあるので、しっかりと隅々までチェックします。

こうした工程を9ホール又は18ホール行なっていきます。そして練習ラウンドを終わった後もプロキャディは再度コースに戻り、再チェックをして見過ごしている所はないかをします。

こうした工程をしっかりやっているので、プロはあれだけレベルの高いゴルフ、ハイスコアを出す事も可能になってくるわけです。

次回も引き続き、プロキャディの仕事内容を説明していきたいと思います。お楽しみにしてください。

バンブーシュート沼田でした。

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今シーズン最終戦となったリコーカップについての思った事などを書いていきたいと思います。

 

 

 

 

この試合の出場資格は2019年度LPGAツアー優勝者、同年度賞金ランキング30位以内、ロレックスランキング上位30位等、今年調子が良かった選手だけが出場出来る大会です。

 

 

 

賞金女王争いもとても白熱しました。渋野選手の逆転女王なるかと期待されましたが、初日の出遅れが響き、2位タイでしたが今年大健闘したと思います。

今季国内4勝、なんと言っても海外メジャー優勝を果たし、誰もが賞金女王になると思われたはずです。

しかしLPGAの賞金ランキングに海外試合の賞金は加算されないのです。ここが加算されていれば、ぶっちぎりで賞金女王になれていたので、この部分に関しては一早く改善された方がいいと思います。

 

 

 

そして渋野選手を抑えて2年連続賞金女王になったのは、鈴木愛選手でした。初日、2日目とグリーンで苦しめられ、スコアを伸ばす事は出来ませんでしたが、3日目、最終日と見事に修正し、気づいてみれば5位タイ。本当に実力のある選手ですね。


 

 

 

今大会優勝したのは、今季から日本ツアーに参戦しているペ・ソンウ選手でした。

 

 

 

 

スイングの完成度が非常に高く、キレのあるショットを放っていきます。バックスイングではシャフトを立てながら上げていき、切り返しでは立てたシャフトをが若干寝ながら降りてくるループスイングです。

このループスイングの利点は切り返しでしっかりとインサイドからインパクト出来るので、球をしっかりと捕まえることができます。またボディターンを積極的に使うので手先のスイングになりにくく、身体がしっかり動き続ける事が出来るので、ミスも出にくいスイングなんです。

しかしグリーン上はあまり得意ではない様な印象を持っていましたが、最終日はロングパットを何発も決めていました。ショットの精度が高く、あれだけパターンが入ればビックスコアも出るなと納得してしまいます。

そして今週はファイナルQTが埼玉県のこだまゴルフクラブで行われます。シード落ちの選手、来年の前半戦を獲得したい若手選手、またベテラン選手の白熱した4日間が始まります。皆さんも来年どんな選手がまたツアーを盛り上げてくれるのか楽しみにしましょう。

 

バンブーシュート沼田でした。

プロキャディのお仕事③

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今回もプロキャディはどんな仕事をしているのかを紹介していきたいと思います。

前回はコースチェックの話をさせて頂きました。コースチェック後の話をしていきたいと思います。

他のプロキャディと情報交換


コースチェックが終わり、選手の入り時間待ちの間に他のプロキャディさんと情報交換をします。例えば番のグリーン左サイドの芝付きが悪いからあそこには外さない方がいい。または番の風向きは林などの影響で風が回っているので注意した方がいい等といった細かい情報を共有していきます。

毎年会場のコースはそこまで変わらないので、何年も同じコースで開催している試合が多いのでベテランキャディの人達は多くの情報を自分たちよりも多く持っています。その方達と情報交換する事はコースを攻める上でとても大事な要素になってきます。

なので他のプロキャディと仲良くする事も大事になってきます。

郵送された荷物を受け取り準備


また情報交換が終わったら、会場に送っている選手の荷物を受け取ります。キャディバックや、スパイク、ウエアといったいろんな荷物を会場からまた別会場に送っていくので、相当大きな荷物です。そういった物を出してすぐに使えるような状態にしておく必要があります。

なのでスパイクやウエアといった物を出して置いておき、キャディバックも出したらクラブ一式をタオルで拭いて準備をしておきます。こういった細々の作業も大抵はキャディの仕事になってきます。

そうして選手が来たらスムーズに練習ラウンドに向かう流れとなっています。

次回はいよいよ練習ラウンドの話をします。

バンブーシュート 沼田でした。

大王製紙エリエールレディスオープン

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

 

 

 

 

 

 

 

渋野選手凄いですね。まさか優勝するとは思いませんでしたが、久しぶりにショットとパットが噛み合ったラウンドが出来ていたと思います。最近振り切りが悪く、球も左右に曲がる事が多かったですが、先週の試合は全英オープンで勝った時のようなスイングで振り切れていました。

またラスト3ホールで天気が急変。雨風が激しく優勝争いをしている選手達が軒並みスコアを崩す中、渋野選手には神風になった事は間違いないです。

 

 

 

そしてなんといっても渋野選手を担いでいた女性キャディは自分と同い年なんです。性格もよく、福岡出身の彼女ですが、以前は権藤可恋プロの専属キャディでした。自分も同い年ということもあり交流も結構あり、同い年の会を開いて絆を深めていたので今回の優勝は自分にとっても感動する優勝でした。

先週の試合でシード権の争いが終了したわけですが、全然自分が担いでいた選手は残念ながらシード落ち。去年2勝したからといって毎年シードを取れるかと言うとそうではない厳しい世界です。

 

 

 

 

また女子ツアーを支えてきたベテランプロもツアー撤退を発表しましたんね。大江香織選手、一ノ瀬優希選手、佐伯三貴選手、諸見里しのぶ選手と錚々たる方々の引退。こんな実力がある人達の引退は本当にびっくりしました。

それほど年々ツアーのレベルが上がっている証拠でもあるのでもその分見ている方は面白いかもしれませんね。

 

今週は最終戦のリコーカップ。そして12月頭にはファイナルQTが控えています。来年の職場をかけた熾烈な争いです。自分も1回キャディをやりましたが、みんな必死ですし、ピリピリしているので揉め事も起きます。他の選手のキャディが邪魔をして激怒。親も介入して大騒ぎになった経験があります。笑

その中で誰が来年出られるか。QTの方も注目してみてくださいね。

バンブーシュート 沼田でした。

プロキャディのお仕事②

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今回は前回の続きでプロキャディはどんな仕事をしているのかを紹介していきたいと思います。

車移動も仕事のうちというお話をさせて頂きましたが、ここから本格的にキャディの仕事に触れていきたいと思います。

 

 

 

 

 

女子の場合、3日間試合がほとんどです。しかし会場に入るのは火曜日からになりますので、ほぼ1週間いる事になります。

また4日間試合の場合、月曜日から会場に入るので、完全に1週間単位で動いていく事になります。

私の場合ですが、火曜日の早朝に会場のコースに行きます。(大体6時前から6時過ぎの間)です。クラブハウスに着くと試合で使うヤーデージメモを購入します。

 

 

 

 

 

ちなみに価格は3,000円します。少し高い気がしますが、ここにグリーンの傾斜や距離も正確に書いてあるので、キャディも選手もこちらを試合中に使用します。

ヤーデージメモを購入したら、いざコースの下見を行います。選手には事前にインとアウトどちらを今日回るか聞いておきます。そして当日回る9ホールをしっかりと下見をしていきます。(選手によっては18ホール回る事も多い)

下見でどこを見るかというと、まずはティーボックスからの狙い目です。選手の持ち球、飛距離を考慮して考えます。そこも大体ではなく例えばフェアウェイ左サイドにある斜めの木などといった詳細を書いていきます。

 

そしてセカンド位置に移動するわけですが、左右のラフの状況を確認します。左サイドはラフがそこまで深くないが右サイドは深いなど、グリーンに向かって逆目なのか順目なのかもチェックします。

左右にショットが曲がった場合、左右どちらだったらオッケーか、またはどこまで仮に曲がってもグリーンを狙えるかもチェックします。

そしてグリーンに向かうわけですが、グリーンサイドの確認もまず行います。過去の試合で使われたピンポジションなどを参考にして、外していところ、外したら寄らないところをメモします。

またグリーンの傾斜もヤーデージメモに書いてありますが、自分でボールを転がして実際の曲がり幅などをチェックします。

この様な作業を9ホール行っていきます。他の選手の練習ラウンドなどにもついて実際のラフからのショットやグリーンの硬さなどもチェックします。

これを1人で行う方もいれば、何人かでコースをチェックするグループがいるなど、やり方は様々です。

少し文章が長くなってしまったので、今日はここまでに致します。

次回はこの後に行う仕事内容について説明していきたいと思います。

 

バンブーシュート沼田でした。

伊藤園レディスゴルフトーナメント⛳️

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今回は伊藤園レディスゴルフトーナメントを見た個人的感想を述べていきたいと思います。

 

 

 

 

12年ぶりの3連勝。それにしても鈴木愛選手強いです。今回の優勝で賞金ランクも1位となりました。

今大会はあまりショットの調子は良くなさそうでしたが、持ち前のショートゲーム。特にパッティングが好調でした。彼女のパッティングの特徴は少しアッパー目にボールを捉える事です。打った瞬間から順回転のボールを打てるので、ゆっくり転がるんですが、カップに吸い込まれるという天性の巧さがあります。

そのせいか、試合中ミスショットを打ったとしてもそこまでイライラする事もなく、メンタルの部分も安定していたように思います。

その一方逆転されたシンジエ選手。

 

 

 

 

過去に世界ランキング1位になったり、米ツアーの賞金女王にもなった選手ですが、まだ日本の賞金女王にはなった事がないんです。なので並々ならぬ思いだと思いますが、今週はショットが珍しく不調でした。いつもより出球が左に出ており少し引っかけ気味のショットが多かったように思います。

下半身主導でスイングは出来ているはずですが、ちょっと上体の力も入ってしまっているので、バランスがいつもよりは悪かったですね。しかし技術は断トツで飛び抜けてる選手。まだ2試合あるのでまだどうなるかわかりません。

 

 

 

 

最後に先週の試合を最後に引退された大江香織選手。本当にお疲れ様でした。すごく良い人で、自分がキャディをやっている時も気さくに話掛けてくれたりなど、いろんな人に慕われている方です。第2のゴルフ人生も頑張ってほしいですね。

バンブーシュート沼田でした。

プロキャディのお仕事①

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

突然ですが、皆さんはプロキャディがどのような仕事かご存知でしょうか?ゴルフ中継などでは選手のキャディバックを背負っている映像が多いですが、仕事内容はそれだけではありません。

今回は何回かに分けてプロキャディがどういう業務を行なっているか、紹介していきたいと思います。

そもそもプロキャディになるには!?


 

 

 

 

プロキャディになるにはライセンス等の資格は必要ありません。今活躍しているプロキャディの皆さんは元はゴルフ場のキャディをやっていた方、ゴルフメーカーに勤めていた方、サラリーマンマンだった方など様々です。

自分の場合は元々ゴルフメーカーで営業をしていた時に当時、用品契約をしていた選手からキャディをやってくれないかと言われた事がきっかけで2年間プロキャディという仕事を行いました。

こういうケースはすごく稀ですが、プロの試合でキャディをする事が出来れば、極端な言い方にはなりますが、誰でもプロキャディになれる可能性はあります。

会場から会場への移動


プロキャディの仕事で意外と大変なのが会場への移動です。

ほとんどのプロキャディは車で移動します。例えば北海道や沖縄といった所などは飛行機で行き、空港でレンタカーを借りて行動します。1人で借りる人もいれば、何人かでまとめて借りる場合もあり様々です。

その他の場所以外は常に車移動になるので、長時間の運転は日常的に行なわれています。ちなみに自分の最高移動距離は実家の埼玉県から宮崎県まで半日以上かけて移動しました。

女子の試合の場合3月から11月まで休む事なく、連戦で続いていくので、気の様な車移動が意外と重労働になって来ます。

新幹線や飛行機をもっと使えば、体の負担が抑えられるのは確かですが、プロキャディはなるべく自身にかかる経費をなるべく減らしていきたいのでどうしても車移動になってしまいます。

ちなみにホテルを借りる場合、1試合1週間近く連泊などもしなければならない事もあったりなどで、車中泊をしている方も結構多いんです。

このようにキャディの仕事をする前段階の車移動も大事な仕事の1つになって来ます。

次回も引き続きプロキャディの仕事内容を紹介していきたいと思います。

 

バンブーシュート沼田でした。

 

TOTOジャパンクラシック

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今回はTOTOジャパンクラシックの個人的に見た感想などを書いていきたいと思います。

日本で唯一のアメリカツアー公式戦


 

この試合は日本で唯一のアメリカツアーの公式試合になります。選手、キャディの対応も特別で通常だとヤーデージメモなどは自分で購入するのですが、この試合はLPGAから無料で配布されます。またクラブハウスでの食事も無料で食べられるので、大会関係者は皆ゴルフ場で食事を取ります。

 

 

 

 

そんなアメリカツアー初優勝を挙げ、2週連続優勝をしたのは、鈴木愛選手です。先々週の三菱電機での優勝そのままの調子で臨んでいるので、プレーにも安定感があるのはもちろんですが、ショットは今週の方がキレているような印象でした。

持ち球はドローボールですが、悪くなると曲がり幅が大きくコントロールするのも難しいですが、今試合はほとんどストレートのドローボールを打てているので、体のキレも戻ってきている感じでした。

 

 

 

 

またワンピン以内に付ければほとんどパットを外す事もないので、自信を持ってプレーができたと思います。

しかしアメリカツアーの猛者達が参戦しているので、油断しているとすぐに逆転されてしまう可能性があるぐらいトップレベルの選手が集まっています。しかしバックナインで2位と5打差がついている状態だったので、流石にトップに追いつくには厳しい状況でしたね。

また少し話は変わりますが、同じ期間で女子の最終プロテストも行われていました。ミレニアム世代やプロのツアーで上位に行く様な選手がゴロゴロといる熾烈な争いでした。合格者も21名なので合格するにも非常に厳しいです。

 

 

 

 

 

しかも今回のプロテストは去年までとは違い、プロゴルファーとして戦うフィールドを失ってしまう過酷なものです。その中で通過した選手は技術はもちろん、精神力にも長けた選手が集まっているので、来年以降のツアーをもっと盛り上げてくれると思います。

女子ツアーも残り3試合、シード争いは残り2試合しかありません。去年シードを取った選手も今年はまだシードに届いていない選手も大勢います。世代交代の波が激しいですが、新しい選手もどんどん出てくるので目が離せませんね。

 

バンブーシュート沼田でした。

樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今回は先週行われた樋口久子三菱電機レディスゴルフトーナメントの個人的に思った事をお話ししていきたいと思います。

去年優勝した時の写真

 

 

 

 

先週の試合は個人的に思い出深い試合です。去年優勝したのがつい昨日の事の様に感じますが、もう1年経ってしまったんですね。()

その試合で、見事復活優勝したのが今季5勝目を挙げた鈴木愛選手です。

 

 

 

 

左手痛で4試合試合を休み復帰戦も予選落ち、先週の試合は並々ならぬ思いがあったと思います。賞金女王を目指す中でも残りの試合数が少ない中、ここで勝っておきたい試合です。その中での優勝が見事でした。

武蔵丘ゴルフコースは毎年グリーンのセッティングが厳しく、傾斜やグリーンスピード、コンパクションなど非常にハードに仕上がっている為ショットはもちろんですが、グリーン周り、特にパターが良くないとスコアを作る事は厳しいです。

鈴木選手を見ているとショットはそこまで良くはなかったと思います。全体的に少し球が捕まる傾向にあり、本人も不満にを出していましたが、グリーンでのパフォーマンスが素晴らしかったです。傾斜の読み、スピードのあるグリーンでもしっかりボールを打ち抜いていくメンタルの強さと技術の高さを見せてくれました。

 

 

 

 

決して手先で打つ事をせず、腹筋や肩周りなど大きな筋肉をしっかり使ってストロークをしているので、緊張する場面でもしっかりストロークしていました。

鈴木選手の様なパッティングに近づける練習方法としては脇にアライメントスティックやゴルフクラブなどを挟んだままパターのストロークを行なうと決して手先で打つ事は出来ないので、しっかり大きい筋肉を使う感覚がわかると思います。

下の写真の様に脇に挟んでストロークします。

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも是非試してみて下さいね。

バンブーシュート沼田でした。