プロキャディのお仕事①

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

突然ですが、皆さんはプロキャディがどのような仕事かご存知でしょうか?ゴルフ中継などでは選手のキャディバックを背負っている映像が多いですが、仕事内容はそれだけではありません。

今回は何回かに分けてプロキャディがどういう業務を行なっているか、紹介していきたいと思います。

そもそもプロキャディになるには!?


 

 

 

 

プロキャディになるにはライセンス等の資格は必要ありません。今活躍しているプロキャディの皆さんは元はゴルフ場のキャディをやっていた方、ゴルフメーカーに勤めていた方、サラリーマンマンだった方など様々です。

自分の場合は元々ゴルフメーカーで営業をしていた時に当時、用品契約をしていた選手からキャディをやってくれないかと言われた事がきっかけで2年間プロキャディという仕事を行いました。

こういうケースはすごく稀ですが、プロの試合でキャディをする事が出来れば、極端な言い方にはなりますが、誰でもプロキャディになれる可能性はあります。

会場から会場への移動


プロキャディの仕事で意外と大変なのが会場への移動です。

ほとんどのプロキャディは車で移動します。例えば北海道や沖縄といった所などは飛行機で行き、空港でレンタカーを借りて行動します。1人で借りる人もいれば、何人かでまとめて借りる場合もあり様々です。

その他の場所以外は常に車移動になるので、長時間の運転は日常的に行なわれています。ちなみに自分の最高移動距離は実家の埼玉県から宮崎県まで半日以上かけて移動しました。

女子の試合の場合3月から11月まで休む事なく、連戦で続いていくので、気の様な車移動が意外と重労働になって来ます。

新幹線や飛行機をもっと使えば、体の負担が抑えられるのは確かですが、プロキャディはなるべく自身にかかる経費をなるべく減らしていきたいのでどうしても車移動になってしまいます。

ちなみにホテルを借りる場合、1試合1週間近く連泊などもしなければならない事もあったりなどで、車中泊をしている方も結構多いんです。

このようにキャディの仕事をする前段階の車移動も大事な仕事の1つになって来ます。

次回も引き続きプロキャディの仕事内容を紹介していきたいと思います。

 

バンブーシュート沼田でした。