プロキャディのお仕事⑤

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

引き続き、プロキャディの仕事内容についてお話ししていきたいと思います。

試合当日にキャディは何をやっているかを知らない方は非常に多いと思います。こんな事をやっているのかとびっくりする事もあると思います。

 

当日は選手のスタート時間の2〜3時間前に会場に入ります。そこでまずチェックするのはピンのポジションです。クラブハウスの中に掲示板があり、そこに掲示されています。

それか職員の方からピンのポジションが書いてある紙を貰うのですが、ギリギリの時間になるまでもらう事はできません。なのでプロキャディ達は掲示板に貼ってあるピンのポジションを自前のヤーデージブックに記入していきます。

 

その後は天気予報を見ます。最近はスマホで天気アプリなどがあるので、それを見て風向きや雨予報が出ていれば、降る時間や降る量などをチェックし、それに対して事前に準備をしていきます。

そこまで終わったら、まずは選手のクラブを掃除します。万が一グリップが滑ったり、フェースに泥などが付いている場合、選手がしっかりと仕事をする事が出来ないので、入念にドライバーからパターまで拭き掃除をしていきます。

そんな事をやっているとあっという間に2時間以上経ってしまうんです。そして選手と合流し、練習に行くわけですが女子の場合、最初にパター練習をし練習場で球を打ち、また最後にパターをするというルーティーンの選手がほとんどを占めています。

パターからの練習をする時に選手以外は基本的に練習グリーンに入っては行けません。それは多くの人がグリーンを踏むと芝の状態が悪くなったり氷面に細かいデコボコが出来てしまう為です。補足ですがキャディはスパイクを履かずスニーカーを履いていますがこれもその為なんです。

選手がパターを練習している間、キャディはもう1度ピンのポジションを確認し戦略を建てて行きます。選手が考える場合も多いですが、キャディが考えてそれを支持する事も比較的多いです。

そして次は練習場で打撃練習をします。試合会場によって様々ですが、ボールは決まった物が出てきます。アマチュアの様に球数制限も基本無い試合がほとんどなので、1カゴか人によっては2カゴ打つ選手もいます。

ボールを準備したら、まずはストレッチなどを手伝います。そしてアライメントスティックを使用し、いろいろな方向に打って行きます。私の場合はスイングのチェックも同時に行っていました。細かくスイングチェックはしませんが、ここは修正しておいた方がいいと思った場合は選手にその事を伝えてます。

スタンスの向きが狙った方向に合っているか、出球はしっかり出せているか、体調は悪く無いかなどをチェックして行きます。

そして最後にパターを少し練習をしてスタートするティーグラウンドに向かっていくわけです。

 

ここまでですでにゴルフ場にいる時間は5〜6時間ほどいます。大変ですが、これをほぼ毎日の様にやっており、準備をしっかりと行っていきます。

次回は試合中何を選手としているか、経験した人しかわからない特別な事情についてお話ししていきたいと思います。

 

バンブーシュート 沼田でした。