冬ゴルフの対策

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今回は冬のゴルフの注意点や準備した方がいいものをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

冬のゴルフといえば厚着をする、体が回らない、ボールが飛ばない気温が低くなるとキャリーが出ない、グリーンが凍っているなど夏とは違い、様々な事を考えなくてはいけません。

冬のコースマネージメント


まずは寒い日のコースマネジメントのポイントです。

グリーンが凍ってしまうような 温度の日に プレーをする場合は プレーを開始する前に 練習グリーンでグリーンの硬さを確認しましょう。

 

 

 

 

その時に 練習グリーンが日向にあるか 日陰にあるか、また、夜中に カバーがかけられていた形跡などをチェックし その結果を プレー中のグリーンの硬さを予測する時の参考にしましょう。必要であれば、グリーンフォークで ボールマークを修理したり、ボールを肩の高さくらいから ドロップするなどして 硬さを チェックしておくと良いと思います。表面は 柔らかくとも 1cm くらい下は 硬いグリーンもあるので注意が必要です。

アプローチでも グリーンの硬さは プレーに大きな影響を及ぼします。硬いグリーンでは パターで寄せられるのであれば パターを利用すると良いと思います。

また、グリーン周りの芝は 短くなっていることが多いから ウェッジでのアプローチショットをする場合は ボールを右足寄りに置いて サンドウェッジではなく バウンスの小さめな ピッチングウェッジやショートアイアンなどを使って 低めのボールで なるべく転がして寄せるようにすると良いでしょう。

いずれにしても、寒いと体が動き難くなっているから(特に、最初の数ホールは)スイングを少しコンパクトにして バランスが崩れ難いような打ち方がオススメです。

出来れば 普段の練習で そうしたボールの打ち方も 少し練習しておきましょう。冬のオススメは 普段より2クラブくらい大きなクラブをコンパクトにゆっくり振って(但し、確り振って)打つようなゆとりがあるといいですね。

機会があれば、そうした冬用のショットを 寒い日の体の状態を想像して ドライビングレンジで練習しておく準備が必要ですね。

コースマネジメントのノウハウや 冬用のショットの練習も大切ですが、冬は 何と言っても 防寒対策を確りする事です。

 

 

 

最近は 機能下着、防寒用アウター、帽子、手袋などの選択肢も広がって来ています。特に 注意して欲しいことは アウター選びで ショットが打ち難くなってしまうようなゴアゴアしたものやモコモコするようなものは 避けるべきです。

また、使い捨てカイロ(ホカロンのようなもの)をポケットに入れておくことも 寒い日には とっても役立ちます。コースに出る一時間前くらいから使い始め コースに出る時には 十分暖かくなった状態で使えるよう心掛けましょう。

手が常に冷えないようにすることは とても重要です。ゴルフの防寒対策は ただ暖かければ良いというものではなく スイングや パットをする時に 邪魔にならないものが必要なのでその点にも 十分配慮しスッキリ格好良くまとめるといいかもしれません。

また中々出来ない事ではありますが、冬にゴルフをする人は冬用のゴルフクラブを作ることもオススメです。シャフトを柔らかくする事や、ヘッドを少し優しい物にするなどすると夏場と変わらない様なゴルフが出来る可能性もあります。

参考になったでしょうか?これらの点に気をつければ、冬でも楽しくゴルフが出来ますよ。

 

バンブーシュート 沼田でした。