アイアンの選び方(シャフト編)

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

アイアンシャフトの選び方ですが、初心者の選び方、上級者の選び方は全く違ってきます。

 

 

上手い人が使っているからやプロが使っているからといって自分に合わない物を使ってしまうと、ミート率も落ちてしまいますし、ずっと使用するとスイングを崩す原因にもなります。

なので今回は初心者、上級者(中級者を含む)2種類の選び方を説明していきます。

初心者の選び方


まずゴルフを始めたばかりの方や、やってはいるけどなかなかスコアが100を切れない方などは基本的にクラブやシャフトが軽過ぎる傾向にある事が多いです。軽いと手打ちが簡単に出来てしまうため、大きな筋肉(胴体、下半身)をうまく使う事ができません。

 

 

 

体を使わず、正面に向いたまま手先でクラブだけを使ってしまうので当然飛距離は出ませんし、当たり方もバラバラになってしまい、手が力めば引っ掛ける、引っかけを嫌がると緩んでしまいスライスが出てしまうミスが出てしまいます。

そういった方はどうすればいいかというと、初めの段階でクラブ(シャフト)を少し重めのものを使っていきます。

こうすると本来動かさなければならない体の大きな筋肉が動き出していきます。重いので手先でクラブを上げ下げする事も難しくなってくるので、ボディターンのスイングになっていきます。

そして手先で打つ時とタイミングも全く変わっていきます。そして少し重めのクラブを打てば打つほど、スイングに欠かせない体の動きと正しいタイミングが身に付いてくるんです。

最近は軽量のシャフトが人気になってきていますが、クラブをこれに関しても注意が必要です。上級者ならまだしも初心者の方が使用すると先程話した様に手先でしか振れなくなってしまいます。

 

 

基本的にはシャフトの重量は最低でも90グラム以上必要になってきます。女性の方でしたらもう少し軽い60グラムのシャフトでも良いですが、男性で非力な方でも最低限90グラムは必要となってきます。

上級者(中級者も含む)選び方

上級者の方はしっかりと体を使ってスイングをする事が日常化しているので、初心者の方とは違い、多少軽めのシャフトを使用しても手打ちになる可能性は少なくなってきます。

その時に注意する点としては、重量を軽くする分少しシャフトの長さを長くする事がオススメです。

軽くして通常の長さだとクラブの重みを感じにくくなってしまうので、切り返しで打ち急いだり、打ち込み過ぎたりする危険性が有るからです。ほんの少し長さを出す程度でいいので、その様にすると重量は軽いですが長さがある分、重みを感じてスイングする事ができるので、体をしっかり使い、ヘッドスピードも出せるようになります。

 

 


ですが、上級者の方も重量が軽過ぎるシャフトは変えたばかりだと軽い分振れていい印象を持ちますが、ある程度使っていくと、クラブの軽さに自分の動きを合わせていくので、体の動きが小さくなり、ヘッドスピードも飛距離も落ちてきてしまいます。

初心者の方でも説明しましたが、最低でも上級者の場合は90グラム以上あった方がスイングも安定して出来るので試してみてください。

シャフトの硬さに関しても柔らか過ぎると手打ちを助長してしまいますし、硬すぎるとしならせようとして体を必要以上に使い過ぎてしまう傾向にあります。

試打ができるチャンスがあれば、柔らかい物から硬い物の順番に試打していくことがオススメです。(例えばR→SR→S)といった感じです。硬い方から打ってしまうと最初から全力で打ってしまうので、柔らかい物を打っても自分に合っているのかが分からなくなってしまうためです。

たかがシャフトですがされどシャフトなので皆さんもこの点に注意して、是非自分に合うクラブを探してみてはいかがでしょうか?

バンブーシュートではレッスン意外にもお客様に合うクラブをフィッテングしてご提供しております。気になる方は是非お問い合わせ下さい。

バンブーシュート 沼田でした。

アイアンの選び方(ヘッド編)

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今回はご自身に合うアイアンのヘッドの選び方についてご説明していきたいと思います。

 

 

 

昨今、アイアンも色々なヘッドの種類が出てきています。昔からあるフォージドや今主流になりつつある飛び系のアイアンなど選択肢が非常に増えてきています。

アイアン選びで重要なことにまずは ヘッドの見た目、構えて打つことを考えた時に打ち易そうという安心感を持てるフェースのクラブを選ぶ事が大事です。

 

その意味ではヘッドの大きさやソール幅オフセットの度合い (FP) などがポイントで幅広ソールの大き目なヘッドで グースネックのクラブが一般的には初心者向いているとは言われます。

一方、構えた時の見た目だけ良ければOKと言うものでは決してありません。クラブを振った時のシャフトとヘッドの感触やボールを捉えた時の確り感、イメージ通りの弾道になるかなども重要なポイントです。見た目以外のアイテムについてもどんな仕様のものが 自分に合うのかを理解した上で 総合的に判断して 正しいスペックのクラブを選ぶことが重要になってきます。

フォージドアイアンの場合


 

 

 

 

 

 

 

フォージドアイアンのヘッドは刀の製造方法のように軟鉄を鍛造加工して作るもので、その形状も マッスルバックに代表される打感重視のデザインのものが多くソールの薄く上級者向けのクラブという位置付けにあります。

しかし最近ではキャビティーバックでソールに多少厚みを持たせた(見た目が易しい)フォージドクラブやハイブリッドや中空構造のようなクラブでも 鍛造した軟鉄の部品を組み込むことでフォージドアイアンとして売られているものあり進化しています。

その点を考慮してフォージドが合う方というのは次の通りです。

・打感にこだわる

・球を左右高低に打ち分けをしていきたい

・ヘッドスピードがある程度ある方(40以上)

・球の高さが低い

・アイアンの縦距離を安定させたい

キャビティアイアン(または飛び系)の場合


 

 

 

 

 

 

一方キャビティアイアンはフォージドよりヘッドのサイズが大きかったり、フェースの芯を外してもミスになりにくい様な設計になっている事がほとんどです。

ロフトも少し立っているモデルも多く、昔に比べて飛距離が落ちてきた方や昔の飛距離に戻したいと思っている方のはメリットもあります。

しかし逆に飛びすぎてしまったり、長い番手になるとロフトが立ち過ぎている分、球が上がらずライナーボールになる事もあります。またヘッドのサイズやソールの部分が厚いので、ラフやライが良くない所で抜けが悪くなったり、地面にクラブが弾かれて球にしっかり当たらない事もあるので注意も必要です。

その点を考慮してキャビティアイアン(または飛び系)が合う方は次の通りです。

・アイアンの飛距離を伸ばしたい

・アイアンの打点がバラつく

・プレッシャーがかからず打ちたい

・真っ直ぐ球を飛ばしたい

・安心感が欲しい

といった形になってきます。この様に総合的に判断をして、決して頭でっかちにならず選ぶ事をお勧めします。それでも自分に合うクラブがわからないという方もいるかと思います。バンブーシュートではレッスンの他にもクラブフィッテングも行っており、お客様のご意見、スイングなど全部を考慮してクラブ選びをご提供しております。

興味がある方は是非バンブーシュートにお越し下さい。よろしくお願い致します。

バンブーシュート沼田でした。

ドライバーの選び方(シャフト編)

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

前回はドライバーのヘッドについてご説明しましたが、今回はシャフトの選び方についてご説明したいと思います。

シャフトといってもこれは単なる棒ではありません。その構造や素材の組み合わせによって様々な特徴があり、ヘッドを効率よく動かすためにも大切なパーツです。そして一人ひとりのゴルファーのスイングに合った重量や志成の幅タイミングの取りやすさは個人が感じる打ちやすさや操作性の高さに直結します。

では、そんなシャフトを構成するスペックについて、皆さんはどれぐらい知っているでしょうか。

シャフトのスペック


 

 

シャフトの硬さにも色々な種類があります。一般的にXSSRRというアルファベットで用いられています。この表記の中で、Xが1番硬く、R1番標準的な硬さです。

しなりの大きさの違いが、この硬さによって表されていて、スイング中のタイミングの取りやすさを表す部分となっています。

ヘッドスピードが30から40前半の方がXの硬さを使うとするとシャフトがしならず、飛距離や方向性又はスイング中にシャフトがしならないのがわかるので、無理にしならせようとするのでスイングを壊す原因にもなってしまいます。このヘッドスピードの方はSSRの硬さが1番合っていると思われます。

日本の方は特に硬いシャフトを使う傾向にあります。それは見た目や自分はまだヘッドスピードがあるなど少し過信している部分がある事が多いです。そういった見栄を捨てて本当にご自身に合う硬さを選ぶ事はとても重要です。

 

 

 

またメーカーごとによって同じ硬さがSのシャフトでもしなりの度合いが異なる事は当たり前で、同じメーカー内でもモデルによっては硬さの違いがあります。

自分にはこの硬さが合ってると決めつけず、試しに色々な硬さを打ってみると、合うシャフトの硬さが見つかるはずです。

シャフトの調子(キックポイント)を知る


 

 

調子(キックポイント)というのは、簡単に言うとシャフトのどの部分が一番しなりやすいかを表しています。この調子には主に3つのタイプがあります。

・先調子=シャフトの先端側がしなりやすい

・中調子=シャフトの中央付近がしなりやすい

・元調子=シャフトの手元側がしなりやすい

という様な分類ができます。また調子別で合うスイングタイプは大きく分けて次の通りです。

・先調子が合う人

 =ダウンスイングへの切り返しが早い人、

  リストターンが強い人。

・手元調子が合う人

 =ダウンスイングの切り返しがゆっくりめの人
  リストターンをあまり使わない人。

といった具合に大別されます。つまり切り返しが早かったり、リストターンが入る人は、

手元のしなりが大きくなりやすいので、手元が硬めの(手元の剛性が高い)シャフトが適正になりやすく逆に、切り返し、リストターンをしない人は、シャフトのしなりの量がそもそも少なめなので、手元のしなり感の多い(シャフトの運動量が多い)ものが合いやすいという感じで、自分はだいたい見極めています。

シャフトの重量


 

 

意外と見落としがちなのがシャフトの重量です。以前に比べて重量が軽量シャフトが出てきており、選ぶ選択肢も非常に多くなってきました。

しかし固定概念があるのか、重いシャフトが良いと言った声が非常に多いです。逆に軽すぎるシャフトを使われている方も非常に多いです。ご自身に合わないシャフトを使うとスイングに悪影響を与えます。

重すぎるシャフトを使った場合、スイング中重さに耐え切れず、オーバースイングや体を使い過ぎて、振り遅れや重さを支えきれずダフリなどのミスを誘発します。

軽すぎるシャフトを使った場合、手先で打つスイングになりやすく、スイング中捻転がすっかり行なわれない為トップボールやスライス、ヒッカケなどのミスを誘発します。

一般的なゴルファーに合う重量は6040後半のグラムであるシャフトがいいと思われますが、しっかりと試打をしてご自身に合った重量も決めてもらえるといいと思います。

この様にしっかりとご自身に合ったシャフトを見つけることによって、飛距離、方向性、スイングの動きも良くなってきます。

是非この点を参考にして頂いて、シャフトを選んでいただければと思います。

またバンブーシュートではレッスン以外にもクラブのフィッティングも行っておりますので、ご興味がある方は是非お問合せ下さい。

バンブーシュート沼田でした。

ドライバーの選び方(ヘッド編)

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

皆さんクラブはどの様に選んでいるでしょうか?悩まれている方は非常に多いと思います。自分に合ってるか合ってないかで飛距離、方向性共にだいぶ違ってきます。

例えば、多少ミスヒットしてもボールを真っすぐに飛ばすのが得意なドライバーも、ヘッドを細かく操作することに関しては不得意だったりします。ある人には最高のドライバーも、別の人にとっては相性の悪いドライバーになってしまうこともあります。

大事なのは自分と相性の良いドライバーを見つけることだと思います。

今回は、そんなご自身に合うドライバーの選び方(ヘッド形状)についてご説明していきたいと思います。

 

 

 

ドライバーのヘッドは、パッと見た感じだと何だかみんな似たような形をしています。

ただ、よく見てみるとメーカーやブランドによってその形がちょっとづつ違っていることがわかります。

このヘッドの形の違いによって、例えば、ボールが上がりやすくなったり、スライスが出にくくなったりといった違いが生まれてきます。

ヘッドの形はドライバーを選ぶ際にはとても大事なポイントになります。ヘッドの形を選ぶ際のチェックポイントについて大きく分けて2つご説明していきます。

ヘッドを上から見た時の形


 

 

 

①横に長く平べったいような形です。例えばゼクシオなどといった、アベレージ用のドライバーに多く採用されているヘッド形状です。

この様な形状は球が上がりやすく、スライスもしにくいモデルです。

このヘッド形状にオススメの方はこの様な方です。

・弾道を高くしたい人

・球を捕まえたい人

プレッシャーがかからず簡単に打ちたい人

・ヘッドスピードが3040前半の人

 

 

 

 

②洋梨(ゲンコツ)の様な形です。例えばプロモデルの様な小さめのヘッドで見た目は少し難しそうな印象を与える形状です。この様なモデルは①に比べて弾道が低く抑えられ、球の捕まりも抑えられます。

このヘッド形状にオススメの方はこの様な方です。

・中弾道で飛ばしたい人

・弾道をコントロールしたい人

・球が上がり過ぎてしまう人

・ヘッドスピードが40前半〜50以上の人

次にフェースの厚みについてご説明していきます。ゴルフをやられている方ならシャローフェース、ディープフェースという言葉を聞いた事があると思います。

これらの言葉はフェースの厚みの事を言っています。フェースの縦幅が狭いものをシャローフェース、長い物をディープフェースと言います。

このフェースの厚みでも性能が全く違ってきます。

①シャローフェース

縦幅が狭い形状で、特徴としては球が上がりやすくフェースの左右のミスに強く、球が曲がりづらい性能を持っています。なので初心者の人や球がどうしても曲がってしまう人にオススメです。また女性の人にもこちらが扱いやすいと思います。

②ディープフェース

縦幅が高く分厚い形をしています。シャローフェースに比べて弾道を抑えられたり、打点を変えてコントロールしていく事ができます。しかしヘッドスピードがないと扱いが難しく、ある程度スイングもしっかりしていないと難しく、注意が必要です。

また最近はフェースが最初から左を向いているフックフェースになっているものもあります。こちらはスライスを改善したい人に向いていたり、球が捕まりすぎる人には最初から少しフェースが右を向いているオープンフェースなどもあります。

この様にヘッド形状やフェースの厚み、フェースの向きなどブランドやモデルなどによって様々な形状が存在します。

この点を注意してご自身に合っているヘッドを探してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

バンブーシュートではお客様のクラブのフィッティングを行なっておりますので、ご興味のある方が是非お問合せ下さい。一人一人にあったゴルフクラブを提供致します。

バンブーシュート沼田でした。

プロキャディのお仕事⑤

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

引き続き、プロキャディの仕事内容についてお話ししていきたいと思います。

試合当日にキャディは何をやっているかを知らない方は非常に多いと思います。こんな事をやっているのかとびっくりする事もあると思います。

 

当日は選手のスタート時間の2〜3時間前に会場に入ります。そこでまずチェックするのはピンのポジションです。クラブハウスの中に掲示板があり、そこに掲示されています。

それか職員の方からピンのポジションが書いてある紙を貰うのですが、ギリギリの時間になるまでもらう事はできません。なのでプロキャディ達は掲示板に貼ってあるピンのポジションを自前のヤーデージブックに記入していきます。

 

その後は天気予報を見ます。最近はスマホで天気アプリなどがあるので、それを見て風向きや雨予報が出ていれば、降る時間や降る量などをチェックし、それに対して事前に準備をしていきます。

そこまで終わったら、まずは選手のクラブを掃除します。万が一グリップが滑ったり、フェースに泥などが付いている場合、選手がしっかりと仕事をする事が出来ないので、入念にドライバーからパターまで拭き掃除をしていきます。

そんな事をやっているとあっという間に2時間以上経ってしまうんです。そして選手と合流し、練習に行くわけですが女子の場合、最初にパター練習をし練習場で球を打ち、また最後にパターをするというルーティーンの選手がほとんどを占めています。

パターからの練習をする時に選手以外は基本的に練習グリーンに入っては行けません。それは多くの人がグリーンを踏むと芝の状態が悪くなったり氷面に細かいデコボコが出来てしまう為です。補足ですがキャディはスパイクを履かずスニーカーを履いていますがこれもその為なんです。

選手がパターを練習している間、キャディはもう1度ピンのポジションを確認し戦略を建てて行きます。選手が考える場合も多いですが、キャディが考えてそれを支持する事も比較的多いです。

そして次は練習場で打撃練習をします。試合会場によって様々ですが、ボールは決まった物が出てきます。アマチュアの様に球数制限も基本無い試合がほとんどなので、1カゴか人によっては2カゴ打つ選手もいます。

ボールを準備したら、まずはストレッチなどを手伝います。そしてアライメントスティックを使用し、いろいろな方向に打って行きます。私の場合はスイングのチェックも同時に行っていました。細かくスイングチェックはしませんが、ここは修正しておいた方がいいと思った場合は選手にその事を伝えてます。

スタンスの向きが狙った方向に合っているか、出球はしっかり出せているか、体調は悪く無いかなどをチェックして行きます。

そして最後にパターを少し練習をしてスタートするティーグラウンドに向かっていくわけです。

 

ここまでですでにゴルフ場にいる時間は5〜6時間ほどいます。大変ですが、これをほぼ毎日の様にやっており、準備をしっかりと行っていきます。

次回は試合中何を選手としているか、経験した人しかわからない特別な事情についてお話ししていきたいと思います。

 

バンブーシュート 沼田でした。