していいミス、いけないミス

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

皆さんはグリーンを狙う、セカンドショット以降ではどこを狙っているでしょうか?ほとんどの方がピンしか狙っていないと思います。

確かにピンに目掛けていけばピンに近づける可能性は高まりますが、少しでも狙いを外せばチャンスから一転ピンチになりスコアを落としかねません。

どのようにしたらスコアを崩さないコースマネージメントができるのかご説明したいと思います。

プロであっても常にピンを狙っているわけではありません。残り距離によって目標を変えて打っているんです。大体ピンを狙うようになる番手は8〜9番以下のクラブになってきます。それより上の番手は基本的にはピンを狙いすぎず、余裕を持った目標設定をしている事が多いです。

プロの精度でさえショートアイアンからなのでアマチュアの皆さんは練習量も少なく、精度も劣るのでピンをデッドに狙うのは100ヤード以内からが1番効率的と言えます。

グリーンの外し所

どこのゴルフ場でもそうですが、グリーンの形状を見ると、外して良い場所、外してはいけない場所が存在します。例えば下り傾斜がキツいサイドよりは上り傾斜の方に外す方がいいといった具合です。

ゴルフ中継を見ていると、プロでも全てパーオンするわけではありません。それでもそこからパーもしくはバーディーを取れるのは単に技術面だけではなく、寄せるのに比較的簡単な場所に外しているからです。

例えばピンが右のほうに切ってあるとします。ピンかピンの右にボールを止められればバーディチャンスだとしても少しでもグリーンを外すと難しいアプローチが残ります。

そういった時には間違っても右に外す事は何があっても避けたいのでピンの左サイド、最悪グリーンの左に外しても良いと思う事が大事です。外してもそこまで難しいアプローチが残る事もないので、パーチャンスも広がっていきます。悪くてもボギーで抑える事もできるので、最小限のミスで済むのです。

またグリーン手前にバンカーがある状況で皆さんバンカーには入れたくないはずです。ですが、それよりもピンを狙ってしまい、バンカーに入りボギーやダブルボギーが簡単に出てしまいます。こういう時にもピンを狙っていかずバンカーを避けるラインに打っていくか少し大きめの距離を打っていくなどのマネージメントが必要になってきます。

自分の苦手な場所、OBやペナルティエリアといった危険なほうにへ打たなければ、間違いなくボギー前後では上がれるのです。しかしアマチュアの方が気にするのはスイングの方でコースマネージメントには無頓着な方が多いので、是非参考にしていただけるといいと思います。

ゴルフ中継をなどでもそこを注目して見てみるのも面白いかもしれませんよ。

バンブーシュート 沼田でした。