ゴルフグリップの重要性③

こんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今回はゴルフグリップの握り方、応用編についてお話していきたいと思います。

グリップを手のひらで握る?指で握る?


前回、前々回とゴルフグリップの握り方の種類、握る向きについてお話させて頂きましたが、手のどこで握るかによってゴルフクラブの性能を生かすことも出来ますし、そうでない場合もあるので、ここでご紹介したいと思います。

まずドライバーやアイアンなど振り幅が大きく、ある程度距離を出していくスイングをするときに一番良いとされている握る位置は指先です。俗にいうフィンガーグリップです。

 

 

 

 

それはなぜかというとゴルフクラブに効率よく仕事をさせようとした場合、スイング中、手首で作られるコックが大事になってきます。しっかりとコックが作られていると、シャフト、クラブヘッドが効率よく動かせる(走らせる)ことができるので、飛距離を出していくことができます。また指先で握ると手の中でグリップがズレににくくなります。そのため、芯を外したとしても手の中でグリップがズレにくいので当たり負けもしにくくなり、方向性も安定してくる利点があります。最大の利点はフィンガーグリップだと腕、肩など上体に力みが入りにくいことです。手のひらで握ってしまうと力を入れた場合、手だけでなく、腕や肩まで力が入ってしまい、スイング中身体を使えない状態になってしまいます。その点指先(フィンガーグリップ)ですと指にはしっかり力が入りますが、その他の身体の部位には力が入りにくいので、しっかり身体を使ってスイングを行える体勢ができるので、読者の方も騙されたと思って一度ぜひ試されてみてください。これだけでもスイングも変わってきます。

しかし手のひら(パームグリップ)がダメというわけでもありません。要はクラブによって使い分けていただきたいのです。

 

 

 

 

フルショットをする時にはフィンガーグリップがおススメですが、短いアプローチ、パターはパームグリップがおススメです。それはなぜかというと、手のひら(パームグリップ)で握ると手首の動きを抑制できるからです。例えば10ヤードぐらいのアプローチの時に手首を使って打とうとするとボールが飛びすぎたり、方向が安定しないですよね?なるべく短い距離を打つ場合は身体の動きも手首の動きもなるべく使わない様なイメージを持っていただくことが大事です。その方が短い距離を打つことも優しくなりますし、ある意味ではクラブを動かしすぎに様にしているので、しっかりボールに対してヒットすることも出来るので、アプローチが苦手だという方に是非試していただきたいです。またパターの時も同様で手首を使うと距離感も合わないですし、方向も安定しません。パターは特に身体を固定し、安定させて打っていきたいクラブなので、手のひら(パームグリップ)で握る事によって、パターは断然よくなっていきますし、スコアアップに関しても期待大です。

 

このようにクラブ別でゴルフグリップの握り方を変えてあげることによって、ゴルフクラブを効率よく使え、飛距離、方向性、距離感、スコアアップに直結してくるので皆さんも練習場などで試されてみてはいかがでしょうか?バンブーシュートではスイングだけでなく、こういった基本的な部分においてもしっかりとレッスンを行っていますので、是非お店の方に足を運んでいただけると嬉しいです。

バンブーシュート沼田でした。