沼田流、逆襲のリカバリーショット④

残り100ヤード、極端な左足下がりから林超えでグリーンを狙う。

左足が下がっているぶん自動的にロフトが立ってしまい低い球になりやすい状況。

でも今回のロケーションでは木を超える必要があるので、少しだけフェースを開いてください。

ボールの位置は左側に置くとミスの原因となるのでセンターに置きましょう。

極端な左足下がりということもあり、正しいアドレスがとても大切になります。まず注意するポイントとしては、傾斜に対して逆らって構ってしまうと、絶対にボールの手前にクラブが入ってしまいダフりの原因となってしまいます。この左足下がりの傾斜に対して同じように、いわゆる傾斜なりに構えることがとても重要です。ですので、この場合は左足に体重を100%乗せてしまうぐらいのイメージでアドレスしましょう。

あとはピンに対してスクエアなスタンスだとクラブを下ろしてくるときに右足が邪魔になってしまうので、アドレスの時点で右足を少し後ろに引きましょう。このとき肩と腰のラインはスクエアのままですので、一緒に閉じないようにしましょう。

7割ぐらいのスイングをイメージして、なるべく大振りをしないようにしましょう。あとはフィニッシュまでいったら右足が前に出て歩き始めるぐらいの感じでスイングしてください。フィニッシュで右足に体重が残るようなスイングではダフってしまいますよ。

【残り100ヤード、極端な左足下がりから林越えでグリーンを狙う】