CG REQUEST LESSON 【必見】スムーズにスイングする方法

沼田レッスン9月

<今月の悩めるゴルファー:村上邦明さん(73歳・男性・Av.98)>

村上さん/最近身体が硬くなってきて、スムーズにスイングできなくなってしまいました。

沼田プロ/上体だけでなく骨盤をしっかり回せば、バランス良くスイングできますよ!!


骨盤をしっかり右に回す

柔軟性が低下すると、腕だけ上げてしまい腰が一切回らない状態に。これだとトップの位置も下がってしまいます。
そこで、オススメしたいのが骨盤をしっかりと右にまわすこと。こうすることで、クラブもトップの位置まで上がってくれますし、運動量も大きくなるので、ヘッドスピードも上がりますよ。
このとき、多少左足のかかとが上がってもOK。

柔軟性の低下以外でスムーズにスイングができない理由として挙げられるのが、ボールを見過ぎてしまうこと。ボールへの意識が強すぎると頭の位置が下がっていき、身体が回りづらくなってしまいます。
アドレスのときに、ボールを見下ろすような意識があると頭の位置を高くキープできますよ。


月刊カジュアルゴルフ2020-9月号に連載されています。

 

CG REQUEST LESSON 【必見】短いアプローチでのミスショットを減らす方法

<今月の悩めるゴルファー:竹林紀貴さん(46歳・男性・Av.94)>

竹林さん/短いアプローチになると、ダフリやトップなどミスショットが出てしまいます!

沼田プロ/バックスイングで右腰が左腰よりも下がらなければミスは減りますよ!


ダフリとトップの原因

アプローチでのダフリやトップはバックスイングの際に右サイド(右腰や左腰)が低くなってしまうことが原因です。
右腰が下がるとクラブがボールより手前に落ちてしまってダフリが出てしまいますし、ダフリを避けるためにボールの高さに合わせようとすると身体が起き上がってしまいトップに。
ダフリとトップの原因はどちらも一緒といえるでしょう。


右腰を下げないためのドリル

アプローチでのミスをなくすために最適なドリルがこちら。
構えたら、右足のかかとを少し浮かせます。あとは、かかとを上げたままスイングするだけ。こうすると右腰が左腰よりも高い状態をキープすることができます。
これで入射角が安定して短い距離でもしっかりとボールに対してコンタクトできますよ。


月刊カジュアルゴルフ2020-8月号に連載されています。

CG REQUEST LESSON 【必見】ドローボールを打つためのコツ

バンブーシュート沼田祐貴

<今回の悩めるゴルファー:クッキーさん(60歳・男性・Av.90)>

クッキーさん/フェードは打てるんですが、ドローボールがどうしても打てません!!

沼田プロ/それは切り返したあと状態が先行するから。ドローが打てる切り返しをしましょう。


ドローが打てない原因

 

ドローボールが打てない一番の原因は、トップ・オブ・スイングからの切り返しで状態が先行してしまい身体が開いてしまう動き。そうなると腕が前に出てしまい、クラブが外から内側に入るカット軌道になるとボールにスライス回転がかかってしまい、ドローボールを打つことができません。


ドローが打てる切り返しを身に付ける

ドローボールを打てるようになるために最適なドリルがこちら。
トップ・オブ・スイングで左足のかかとを上げ、切り返しのタイミングでしっかり踏み込み左足へ体重移動。このとき、胸が右を向いたままにすればOK。
そこからクラブを振ればインサイドから下り、ボールにドロー回転がかかるようになります。


月刊カジュアルゴルフ2020-7月号に連載されています。

CG REQUEST LESSON (アイアンショットでのシャンク解決法)

名古屋インドアゴルフBAMBOOSHOOTS

<今回の悩めるゴルファー:田中ウッズさん(42歳・男性・Av.95)特徴:インサイドからクラブが入りやすい>

田中さん/大事な時にアイアンショットでシャンクが出ちゃいます!!助けてください!!!!

沼田プロ/クラブがインサイドから入って外へ抜けているからネックに当たるんですよ。


クラブの軌道を変える

 

クラブをインサイドから下ろし過ぎてしまうとアオリ打ちに
結果的に手元と体が離れ、クラブのネックにボールが当たりシャンクしてしまいます。
インサイドから振るとどうしても外に抜けるので、上から入れる意識を持ちましょう。あとはフォローで体の左側に抜けばアオリ打ちもなくなりフェースの芯に当たりますよ。


左腕のブロックを矯正する練習

もう一つは、左側がブロックする動きが原因。クラブが走らずフェースが開いてシャンクしてしまいます。
そこで手を離した状態でグリップするドリルでスイング。左腕がブロックすると詰まってインパクトの形を作れないので、正しいインパクトの形を作れる腕の動きと、フォローで手が振る動きを覚えましょう。


 

月刊カジュアルゴルフ2020-2月号に連載されています。

沼田流、逆襲のリカバリーショット⑦

沼田流、逆襲のリカバリーショット

深いラフからグリーンを狙う。

ロフトの立っているクラブは芝の抵抗を受けやすくスピンがかかりにくいので、ロフトのネタクラブを選択することが大事です。

普通にフェースをスクエアにすると芝の抵抗を受けてしまうので、フェースを少しだけ開きましょう。あとはいつも通り体重を右足5:左足5で構えればOKです。

ボールに当てにいく動きはラフの抵抗を受けてしまうのでNG。フィニッシュまでしっかりと振り切ることを意識してスイングしましょう。


【残り165ヤード、深いラフからグリーンを狙う】

<沼田流、逆襲のリカバリーショット>

  1. 残り100ヤード、林の中から低い球でグリーンを狙う。
  2. 残り170ヤード、アゴの高いクロスバンカーからグリーンを狙う。
  3. 残り150ヤード、極端なつま先下がりからグリーンを狙う。
  4. 残り100ヤード、極端な左足下がりから林超えでグリーンを狙う。
  5. 残り60ヤード、バンカーからエクスプロージョンでグリーンを狙う。
  6. 残り120ヤード、ディボットからグリーンを狙う。
  7. 残り165ヤード、深いラフからグリーンを狙う。

カジュアルゴルフ2019-07号月刊カジュアルゴルフ2019-7月号に掲載されています。