グリーンの読み方のコツとは?

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今回はグリーンの読み方についてご説明したいと思います。ラウンド中、自分が打つラインを読んでいざパットをした時、読み通りに転がる事がどれだけあるでしょうか?

 

ほとんどの方は1割から2割ぐらいだと思います。それは打つラインだけを見てしまい、グリーンの全体傾斜を見逃している事が大きな要因の1つです。

 

セカンド地点からグリーンを見る時、大体でいいのでどちらから傾斜がきているか、またマウンドなどがあるか、といったところを確認しておくと非常に役に立ちます。

アマチュアの方の多くが、セカンドショットでグリーンに乗ると、特に気にせずグリーンに向かってしまいがちです。また特にカートなどに乗ってしまうとグリーンを見ずにたどり着いてしまう事も多いと思います。

ところがグリーンに近づいてしまうと、大きな傾斜は分かっても、細かい傾斜やマウンドが分かりにくくなってしまいます。

実際グリーンに乗って、ラインを読もうとした時に、上り下りの区別がつかないといった経験がある人もいると思います。

そういうミスをしない為にも、グリーンに乗っても乗らなくても、ある程度距離が離れている所からグリーンの全体像を把握しておく事が絶対に必要になってきます。

 

 

プロでも試合中グリーンに近づいていく時にしっかりと全体をくまなく把握しながら近づいていきます。

まずはグリーンのどちらが高く、どちらが低いかだけでもチェックしておくと余計なパット数を打たなくてすみますし、3パットをしてメンタルに響いてショットにまで影響するといった事も少なくなってくると思います。

 

 

また朝一と午後ではグリーンのスピードも変わってくるので要注意です。

芝が伸びるとスピードが落ちてきますし、多くの人がグリーンを踏んでいるので小さな凸凹も増えてきて、転がりが悪くなったりする事もあるからです。

 

 

まだまだ気をつけるポイントはたくさんありますが、もっと知りたいと思った方は是非バンブーシュートにお越し下さい。

プロキャディをやっていた経験を元に様々なチェックの仕方をレクチャー致します。

スイングももちろん大事ですが、コースマネージメントも非常に大事なので、プロゴルファーやプロキャディが実際やっている事を教わってみませんか?

バンブーシュート 沼田でした。

していいミス、いけないミス

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

皆さんはグリーンを狙う、セカンドショット以降ではどこを狙っているでしょうか?ほとんどの方がピンしか狙っていないと思います。

確かにピンに目掛けていけばピンに近づける可能性は高まりますが、少しでも狙いを外せばチャンスから一転ピンチになりスコアを落としかねません。

どのようにしたらスコアを崩さないコースマネージメントができるのかご説明したいと思います。

プロであっても常にピンを狙っているわけではありません。残り距離によって目標を変えて打っているんです。大体ピンを狙うようになる番手は8〜9番以下のクラブになってきます。それより上の番手は基本的にはピンを狙いすぎず、余裕を持った目標設定をしている事が多いです。

プロの精度でさえショートアイアンからなのでアマチュアの皆さんは練習量も少なく、精度も劣るのでピンをデッドに狙うのは100ヤード以内からが1番効率的と言えます。

グリーンの外し所

どこのゴルフ場でもそうですが、グリーンの形状を見ると、外して良い場所、外してはいけない場所が存在します。例えば下り傾斜がキツいサイドよりは上り傾斜の方に外す方がいいといった具合です。

ゴルフ中継を見ていると、プロでも全てパーオンするわけではありません。それでもそこからパーもしくはバーディーを取れるのは単に技術面だけではなく、寄せるのに比較的簡単な場所に外しているからです。

例えばピンが右のほうに切ってあるとします。ピンかピンの右にボールを止められればバーディチャンスだとしても少しでもグリーンを外すと難しいアプローチが残ります。

そういった時には間違っても右に外す事は何があっても避けたいのでピンの左サイド、最悪グリーンの左に外しても良いと思う事が大事です。外してもそこまで難しいアプローチが残る事もないので、パーチャンスも広がっていきます。悪くてもボギーで抑える事もできるので、最小限のミスで済むのです。

またグリーン手前にバンカーがある状況で皆さんバンカーには入れたくないはずです。ですが、それよりもピンを狙ってしまい、バンカーに入りボギーやダブルボギーが簡単に出てしまいます。こういう時にもピンを狙っていかずバンカーを避けるラインに打っていくか少し大きめの距離を打っていくなどのマネージメントが必要になってきます。

自分の苦手な場所、OBやペナルティエリアといった危険なほうにへ打たなければ、間違いなくボギー前後では上がれるのです。しかしアマチュアの方が気にするのはスイングの方でコースマネージメントには無頓着な方が多いので、是非参考にしていただけるといいと思います。

ゴルフ中継をなどでもそこを注目して見てみるのも面白いかもしれませんよ。

バンブーシュート 沼田でした。

ゴルフの時・天気と風向き気にしてますか?

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

 

 

皆さんはゴルフをする時、天気や風向きを気にしているでしょうか?実はここを抑えておくだけでもスコアアップの可能性が広がるんです。

私はバンブーシュートでレッスン活動を行う前、女子プロのキャディを2年間行なっていました。その中で2度の優勝を掴む事が出来ましたが、その勝因の一つが天気予報のチェックなんです。

今回は天気、風向きの重要性について説明していきたいと思います。

スタート前には天気予報と風向きをチェック


 

 

最近ではテレビの天気予報以外にも携帯のアプリなどで手軽に当日の天気、地域も絞って検索できるようになりました。1週間前から予報は見る事が出来ますが、当日天気予報をチェックする事をオススメします。

またゴルフ場に到着したら、練習場で練習する方がほとんどだと思いますが、その際に練習場で風向きをチェックして欲しいです。練習場は広いところが多く周辺に風を遮断する物も少ないので、風向きと風速(強さ)がわかりやすいためです。

そこで事前にチェックした天気予報と現場での天気予報を照らし合わせます。その際、予報とは違う事も多々あります。

その時は現場の風向きを中心として、多少はアプリなどで見た予報を参考にするとそこまで困ることはないと思います。

またホームコースを持っている方もいるかと思いますが、季節や時間帯によって風向きも変わってくるので、常に気を付けておくといいです。

風向きを忘れないように、スコアカードなどに全体の風向きを書いておくといいと思います。そうすれば迷った時にも読み返す事も出来るので是非実践してください。

 

 

 

正確に風向きを把握しているかしていないかでラウンドでは最大5打ぐらいは変わってくると思います。少なくとも12打は絶対に違うます。

プロキャディもプロゴルファーも天気を物凄く気にします。アマチュアの皆さんも天気のチェックは是非して頂きたいです。これも立派なコースマネージメントなので、是非次回のゴルフから天気予報をチェックしてみてはいかがでしょうか?

バンブーシュートではスイングレッスンの他にもラウンドレッスンでコースマネージメントを中心としたレッスンも実施しておりますので、興味がある方は是非お問い合わせ下さい。

バンブーシュート 沼田でした。

冬ゴルフの対策

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今回は冬のゴルフの注意点や準備した方がいいものをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

冬のゴルフといえば厚着をする、体が回らない、ボールが飛ばない気温が低くなるとキャリーが出ない、グリーンが凍っているなど夏とは違い、様々な事を考えなくてはいけません。

冬のコースマネージメント


まずは寒い日のコースマネジメントのポイントです。

グリーンが凍ってしまうような 温度の日に プレーをする場合は プレーを開始する前に 練習グリーンでグリーンの硬さを確認しましょう。

 

 

 

 

その時に 練習グリーンが日向にあるか 日陰にあるか、また、夜中に カバーがかけられていた形跡などをチェックし その結果を プレー中のグリーンの硬さを予測する時の参考にしましょう。必要であれば、グリーンフォークで ボールマークを修理したり、ボールを肩の高さくらいから ドロップするなどして 硬さを チェックしておくと良いと思います。表面は 柔らかくとも 1cm くらい下は 硬いグリーンもあるので注意が必要です。

アプローチでも グリーンの硬さは プレーに大きな影響を及ぼします。硬いグリーンでは パターで寄せられるのであれば パターを利用すると良いと思います。

また、グリーン周りの芝は 短くなっていることが多いから ウェッジでのアプローチショットをする場合は ボールを右足寄りに置いて サンドウェッジではなく バウンスの小さめな ピッチングウェッジやショートアイアンなどを使って 低めのボールで なるべく転がして寄せるようにすると良いでしょう。

いずれにしても、寒いと体が動き難くなっているから(特に、最初の数ホールは)スイングを少しコンパクトにして バランスが崩れ難いような打ち方がオススメです。

出来れば 普段の練習で そうしたボールの打ち方も 少し練習しておきましょう。冬のオススメは 普段より2クラブくらい大きなクラブをコンパクトにゆっくり振って(但し、確り振って)打つようなゆとりがあるといいですね。

機会があれば、そうした冬用のショットを 寒い日の体の状態を想像して ドライビングレンジで練習しておく準備が必要ですね。

コースマネジメントのノウハウや 冬用のショットの練習も大切ですが、冬は 何と言っても 防寒対策を確りする事です。

 

 

 

最近は 機能下着、防寒用アウター、帽子、手袋などの選択肢も広がって来ています。特に 注意して欲しいことは アウター選びで ショットが打ち難くなってしまうようなゴアゴアしたものやモコモコするようなものは 避けるべきです。

また、使い捨てカイロ(ホカロンのようなもの)をポケットに入れておくことも 寒い日には とっても役立ちます。コースに出る一時間前くらいから使い始め コースに出る時には 十分暖かくなった状態で使えるよう心掛けましょう。

手が常に冷えないようにすることは とても重要です。ゴルフの防寒対策は ただ暖かければ良いというものではなく スイングや パットをする時に 邪魔にならないものが必要なのでその点にも 十分配慮しスッキリ格好良くまとめるといいかもしれません。

また中々出来ない事ではありますが、冬にゴルフをする人は冬用のゴルフクラブを作ることもオススメです。シャフトを柔らかくする事や、ヘッドを少し優しい物にするなどすると夏場と変わらない様なゴルフが出来る可能性もあります。

参考になったでしょうか?これらの点に気をつければ、冬でも楽しくゴルフが出来ますよ。

 

バンブーシュート 沼田でした。