CG REQUEST LESSON 【必見】インパクトの瞬間で力が抜けてしまうスイングを改善

<今月の悩めるゴルファー:K・Mさん(50歳・女性・Av.110)>

K・Mさん/インパクトの瞬間にどうしても力が抜けてしまい、飛距離ロスするのを防ぎたい。

沼田プロ/ボールに当てにいく意識は捨てて、思い切りひっぱたくような気持ちで


ボールにきちんと当てることに集中しすぎるあまり、インパクトの直前でスイングスピードが減速してしまうのが原因。フォローも小さくなってしまい、ボールに力が伝わりません。

ゴルフボールの直径は約4㎝と、すごく小さいですよね。だからどうしても「しっかり当てなきゃ」という意識が動き、インパクトで力が緩み、フォローが小さくなってしまいます。これでは結果的に飛距離も出ないですよね。初心者や女性に多いミスのひとつと言えるでしょう。

「当たらなかったらどうしよう・・・」という不安感を払拭するために、ゴルフ用品店に売っている「インパクトバッグ」を活用します。これをボールだと思って、思いっきりひっぱたいてください。


大きなインパクトバッグに対してスイングするなら「当たらないかも」という不安はなくなりますよね。このドリルを何度も繰り返したあと、同じイメージでボールを打ってみましょう。きっと以前よりもしっかりとクラブを振り抜くことができると思います。

 
月刊カジュアルゴルフ
2021-3月号に連載されています。