アイアンの選び方(ヘッド編)

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今回はご自身に合うアイアンのヘッドの選び方についてご説明していきたいと思います。

 

 

 

昨今、アイアンも色々なヘッドの種類が出てきています。昔からあるフォージドや今主流になりつつある飛び系のアイアンなど選択肢が非常に増えてきています。

アイアン選びで重要なことにまずは ヘッドの見た目、構えて打つことを考えた時に打ち易そうという安心感を持てるフェースのクラブを選ぶ事が大事です。

 

その意味ではヘッドの大きさやソール幅オフセットの度合い (FP) などがポイントで幅広ソールの大き目なヘッドで グースネックのクラブが一般的には初心者向いているとは言われます。

一方、構えた時の見た目だけ良ければOKと言うものでは決してありません。クラブを振った時のシャフトとヘッドの感触やボールを捉えた時の確り感、イメージ通りの弾道になるかなども重要なポイントです。見た目以外のアイテムについてもどんな仕様のものが 自分に合うのかを理解した上で 総合的に判断して 正しいスペックのクラブを選ぶことが重要になってきます。

フォージドアイアンの場合


 

 

 

 

 

 

 

フォージドアイアンのヘッドは刀の製造方法のように軟鉄を鍛造加工して作るもので、その形状も マッスルバックに代表される打感重視のデザインのものが多くソールの薄く上級者向けのクラブという位置付けにあります。

しかし最近ではキャビティーバックでソールに多少厚みを持たせた(見た目が易しい)フォージドクラブやハイブリッドや中空構造のようなクラブでも 鍛造した軟鉄の部品を組み込むことでフォージドアイアンとして売られているものあり進化しています。

その点を考慮してフォージドが合う方というのは次の通りです。

・打感にこだわる

・球を左右高低に打ち分けをしていきたい

・ヘッドスピードがある程度ある方(40以上)

・球の高さが低い

・アイアンの縦距離を安定させたい

キャビティアイアン(または飛び系)の場合


 

 

 

 

 

 

一方キャビティアイアンはフォージドよりヘッドのサイズが大きかったり、フェースの芯を外してもミスになりにくい様な設計になっている事がほとんどです。

ロフトも少し立っているモデルも多く、昔に比べて飛距離が落ちてきた方や昔の飛距離に戻したいと思っている方のはメリットもあります。

しかし逆に飛びすぎてしまったり、長い番手になるとロフトが立ち過ぎている分、球が上がらずライナーボールになる事もあります。またヘッドのサイズやソールの部分が厚いので、ラフやライが良くない所で抜けが悪くなったり、地面にクラブが弾かれて球にしっかり当たらない事もあるので注意も必要です。

その点を考慮してキャビティアイアン(または飛び系)が合う方は次の通りです。

・アイアンの飛距離を伸ばしたい

・アイアンの打点がバラつく

・プレッシャーがかからず打ちたい

・真っ直ぐ球を飛ばしたい

・安心感が欲しい

といった形になってきます。この様に総合的に判断をして、決して頭でっかちにならず選ぶ事をお勧めします。それでも自分に合うクラブがわからないという方もいるかと思います。バンブーシュートではレッスンの他にもクラブフィッテングも行っており、お客様のご意見、スイングなど全部を考慮してクラブ選びをご提供しております。

興味がある方は是非バンブーシュートにお越し下さい。よろしくお願い致します。

バンブーシュート沼田でした。

ドライバーの選び方(ヘッド編)

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

皆さんクラブはどの様に選んでいるでしょうか?悩まれている方は非常に多いと思います。自分に合ってるか合ってないかで飛距離、方向性共にだいぶ違ってきます。

例えば、多少ミスヒットしてもボールを真っすぐに飛ばすのが得意なドライバーも、ヘッドを細かく操作することに関しては不得意だったりします。ある人には最高のドライバーも、別の人にとっては相性の悪いドライバーになってしまうこともあります。

大事なのは自分と相性の良いドライバーを見つけることだと思います。

今回は、そんなご自身に合うドライバーの選び方(ヘッド形状)についてご説明していきたいと思います。

 

 

 

ドライバーのヘッドは、パッと見た感じだと何だかみんな似たような形をしています。

ただ、よく見てみるとメーカーやブランドによってその形がちょっとづつ違っていることがわかります。

このヘッドの形の違いによって、例えば、ボールが上がりやすくなったり、スライスが出にくくなったりといった違いが生まれてきます。

ヘッドの形はドライバーを選ぶ際にはとても大事なポイントになります。ヘッドの形を選ぶ際のチェックポイントについて大きく分けて2つご説明していきます。

ヘッドを上から見た時の形


 

 

 

①横に長く平べったいような形です。例えばゼクシオなどといった、アベレージ用のドライバーに多く採用されているヘッド形状です。

この様な形状は球が上がりやすく、スライスもしにくいモデルです。

このヘッド形状にオススメの方はこの様な方です。

・弾道を高くしたい人

・球を捕まえたい人

プレッシャーがかからず簡単に打ちたい人

・ヘッドスピードが3040前半の人

 

 

 

 

②洋梨(ゲンコツ)の様な形です。例えばプロモデルの様な小さめのヘッドで見た目は少し難しそうな印象を与える形状です。この様なモデルは①に比べて弾道が低く抑えられ、球の捕まりも抑えられます。

このヘッド形状にオススメの方はこの様な方です。

・中弾道で飛ばしたい人

・弾道をコントロールしたい人

・球が上がり過ぎてしまう人

・ヘッドスピードが40前半〜50以上の人

次にフェースの厚みについてご説明していきます。ゴルフをやられている方ならシャローフェース、ディープフェースという言葉を聞いた事があると思います。

これらの言葉はフェースの厚みの事を言っています。フェースの縦幅が狭いものをシャローフェース、長い物をディープフェースと言います。

このフェースの厚みでも性能が全く違ってきます。

①シャローフェース

縦幅が狭い形状で、特徴としては球が上がりやすくフェースの左右のミスに強く、球が曲がりづらい性能を持っています。なので初心者の人や球がどうしても曲がってしまう人にオススメです。また女性の人にもこちらが扱いやすいと思います。

②ディープフェース

縦幅が高く分厚い形をしています。シャローフェースに比べて弾道を抑えられたり、打点を変えてコントロールしていく事ができます。しかしヘッドスピードがないと扱いが難しく、ある程度スイングもしっかりしていないと難しく、注意が必要です。

また最近はフェースが最初から左を向いているフックフェースになっているものもあります。こちらはスライスを改善したい人に向いていたり、球が捕まりすぎる人には最初から少しフェースが右を向いているオープンフェースなどもあります。

この様にヘッド形状やフェースの厚み、フェースの向きなどブランドやモデルなどによって様々な形状が存在します。

この点を注意してご自身に合っているヘッドを探してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

バンブーシュートではお客様のクラブのフィッティングを行なっておりますので、ご興味のある方が是非お問合せ下さい。一人一人にあったゴルフクラブを提供致します。

バンブーシュート沼田でした。