樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント

皆さんこんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

今回は先週行われた樋口久子三菱電機レディスゴルフトーナメントの個人的に思った事をお話ししていきたいと思います。

去年優勝した時の写真

 

 

 

 

先週の試合は個人的に思い出深い試合です。去年優勝したのがつい昨日の事の様に感じますが、もう1年経ってしまったんですね。()

その試合で、見事復活優勝したのが今季5勝目を挙げた鈴木愛選手です。

 

 

 

 

左手痛で4試合試合を休み復帰戦も予選落ち、先週の試合は並々ならぬ思いがあったと思います。賞金女王を目指す中でも残りの試合数が少ない中、ここで勝っておきたい試合です。その中での優勝が見事でした。

武蔵丘ゴルフコースは毎年グリーンのセッティングが厳しく、傾斜やグリーンスピード、コンパクションなど非常にハードに仕上がっている為ショットはもちろんですが、グリーン周り、特にパターが良くないとスコアを作る事は厳しいです。

鈴木選手を見ているとショットはそこまで良くはなかったと思います。全体的に少し球が捕まる傾向にあり、本人も不満にを出していましたが、グリーンでのパフォーマンスが素晴らしかったです。傾斜の読み、スピードのあるグリーンでもしっかりボールを打ち抜いていくメンタルの強さと技術の高さを見せてくれました。

 

 

 

 

決して手先で打つ事をせず、腹筋や肩周りなど大きな筋肉をしっかり使ってストロークをしているので、緊張する場面でもしっかりストロークしていました。

鈴木選手の様なパッティングに近づける練習方法としては脇にアライメントスティックやゴルフクラブなどを挟んだままパターのストロークを行なうと決して手先で打つ事は出来ないので、しっかり大きい筋肉を使う感覚がわかると思います。

下の写真の様に脇に挟んでストロークします。

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも是非試してみて下さいね。

バンブーシュート沼田でした。

NOBUTA GROUP マスターズGCレディース

こんにちは。

バンブーシュート ヘッドコーチの沼田です。

実は私2年間、女子プロゴルファーのキャディ(プロキャディ)をしておりまして、一応優勝も経験しているんです。(笑)

そんな私が自分なりに見た試合の感想も今後お話ししていきたいと思います。

今回その第1弾でNOBUTA GROUP マスターズGCレディースです!


今回の試合、なんといってもイ•ボミ選手惜しかった。

今シーズン復調してきており、特に先週はショットの安定感が賞金女王を取った時の感じに近く、復活優勝なるかと思いましたが、勝負所のパットが決まらなかった所が勿体なかったですが、優勝が近い事を予感させてくれるプレーでした。

その中で柏原明日架選手が今季2勝目を飾りました。最終日のプレーは非常に落ち着いており、黙々とプレーしている感じが素晴らしかった。

これも今季1勝している事が大きいと思います。心にもゆとりがありながら自信に満ちており、それがショット、パットにも現れていましたね。勝負所は15番パー5だったと思います。ここはティーショットさえ成功すれば、2オン出来るロングです。

しかし優勝争いをしていると、心の焦りや力みなどで思った様には行かなくなるものです。しかし完璧なティーショット、そしてしっかりと2オンさせて、狙い通りバーディを取り、17番のバーディにもつながったと思います。

 

 

 


終始落ち着いて自分のプレーに集中、キャディともしっかりコミュニケーションを取って二人三脚で勝ち取った優勝だと思います。柏原選手のキャディは前からずっとタッグを組んでやっていましたが、一時離れる事もありました。そこからまたタッグを組み直し、今年2勝を挙げています。


柏原選手のスイングはテイクバックでシャフトを立てていく、一見独特なスイングですが、切り返しでループしながら降りてきて、安定感のあるドローボールを持ち球にし、しっかり距離も出していきます。

アマチュアの皆さんは、テイクバックでシャフトを寝かしながら上げていき、切り返しでは逆にシャフトが去った状態で降りてくるので、鋭角的にボールに対してヒットするので、スピンが多くなったり、スライスが出たりなど、様々な問題が出るので、柏原選手のスイングを参考になさってみて下さい。

バンブーシュート沼田でした。

“NOBUTA GROUP マスターズGCレディース” の続きを読む